施術メニュー

シミ治療&スキンケア

シミは隠さず、無くしましょう

年齢を重ねるごとに濃く目立ってくる、シミやソバカス。
患者さまの症状に合わせて様々な治療法を組み合わせ、シミを無くしたり薄く目立たなくし、くすみのない美肌を作りあげます。
またダウンタイムの少ない治療もございます。諦めてしまう前に、まずはご相談ください。

「シミの原因」とは?

最も影響を受けるのは、紫外線によるものと言われています。他にも、加齢やストレス、睡眠不足、女性ホルモンの影響、肝臓や卵巣の働きの低下、自律神経の乱れ、過剰な刺激、食べ物など、その原因は様々です。また、かぶれやニキビなど皮膚に起きた炎症がシミになるケースもあります。

シミの種類と治療法

  • 老人性色素斑(日光黒子)

    特長

    加齢や紫外線の影響を受けて出来る茶色い色素班です。シミのほとんどが、このタイプにあたります。時間の経過とともに濃くなったり、隆起してくる場合もあります。

    発症時期

    30歳代以降に多くみられます。

    発症部位

    顔や腕、顔の側面など日光(紫外線)にあたるところに現れます。

    効果的な治療法

  • 雀卵斑(ソバカス)

    特長

    両頬や鼻の上などに散在する小さい色素斑のことで、紫外線の影響で濃くなったり、再発しやすい特長があります。

    発症時期

    学童期や遺伝的に発生することが多く、若年性では表皮性のもの、遅発性では真皮性のものが多くみられます。

    発症部位

    頬や鼻の上。顔以外に、手・背中・肩にできることもあります。

    効果的な治療法

  • 肝斑(かんぱん)

    特長

    左右対称に発生する薄茶色のシミです。原因としては、日焼けやストレス、女性ホルモンが大きく影響していると言われています。

    発症時期

    30代、40代の女性に多くみられます。妊娠や出産を契機に起こることもあります。

    発症部位

    頬骨の上や額、鼻下、顎に左右対称に発生するシミです。

    効果的な治療法

  • 炎症性色素沈着

    特長

    肌がダメージを受けた部位に炎症が起こると、それが色素沈着となって残ります。炎症が続き、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。

    発症時期

    ニキビ跡やアトピー性皮膚炎、傷跡、レーザー治療後の色素沈着などがシミとなります。

    効果的な治療法

  • 後天性メラノサイトーシス(ADM)

    特長

    左右対称性で斑点状に現れます。普通のシミとは違い、紫がかった小さなシミや灰色のシミ、褐色のシミなど様々な色が混在しています。

    発症時期

    思春期から中年の女性に比較的多くみられます。

    発症部位

    額の両端や頬骨・鼻翼部などに現れます。

    効果的な治療法